今までのトイレでは水を溜めるタンクが当たり前のようについていました。しかし、最近のトイレではタンクレスタイプが登場し、このタンクのないトイレ交換をする方も増えています。今までのタンクタイプのトイレでは、このタンク内でのトラブルも多く、タンクレスにトイレ交換することでこのようなトラブルも回避することができます。しかし、このタンクレスタイプは水道管を直結させることもあり、元々の水圧が低い住宅の場合には上手く水が流れない場合もあります。

マンションに住んでいる方で、高層階で生活している方はこのタイプに交換したことで不便さを感じる場合もあります。そのため、このタイプにトイレ交換をしようと考えている方は事前に水圧が適正かを確認する必要もあります。タンクタイプのトイレにもメリットが色々あります。タンクレスタイプは水を流すのも電気を必要としますが、タンクタイプは水を流す際に電気を使用しないため停電時でもトイレを使用することができます。

また、トラブルも多いタンクですが構造が単純なため修理がしやすいというメリットがあります。タンクレスタイプは故障をしてしまうと簡単には直せないというデメリットがあります。しかし、タンクレスタイプはタンクを必要としないため、限られたスペースであるトイレを有効できるというメリットがあります。タンクタイプではタンクを設置した部分が掃除しにくくカビが生えやすいというデメリットもあります。

このように、どちらのタイプのメリットやデメリットがあり住宅環境や利用しやすさなどをしっかりと考えて交換する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です